Approach

アプローチ

サイトは作ってからが勝負!

アクセス+記憶に残す

アクセス(サイトを訪れる)を集めることは大切です。

一方で、ユーザー(顧客)があなたのサイトにアクセスしてきても、一瞬にして他にサイトに飛んでいかれたら、商品やサービスをしっかりと知ってもらえません。

肝心なのはユーザーの記憶に残るサイトにする事です。

 

文字は、画像や動画よりも記憶に残りやすい

誰もが知っている名言が永遠に残り続けるように、文章はずっと記憶の中に残り続けてくれます。

「ユーザーの記憶に残りやすい言葉をサイトとSNSで発信すれば・・・」

でも、言葉を考えたり選んだりするのは大変です。

同じ意味でもいろんな種類の言葉があるので、どの言葉を選ぶかによっても印象が違ってきます。

ここで欠かせないのが検証です。

アクセスが少なかったら別の言葉にしてみたり、配置を変えてみる等、それぞれのパターンで検証してみましょう。

私たちにできること

明確なビジョン

ブランディング

プラン作成

マーケティング

U

リサーチ

ネットワーキング

ライティング

オペレーティング

ユーザー目線のコンテンツ

ユーザーは自分が欲しいコンテンツ(情報)をネットでいつも探しています。

サイトデザインだけでなく、ユーザーが欲しがるオンライン上のコンテンツ(情報)が無ければ、せっかく気になるキーワードでアクセスしてきたユーザーが、すぐに他のサイトに飛んでしまいかねません。

潜在的な欲求につながる情報が見つかれば、ユーザーはそこに食いついてくれくます。

サイトをきっかけに、潜在ターゲットを見つける

会社や店舗からの想いがしっかりと伝わる文面に仕上げることで、ユーザーが読んだときの反応が大きく変わります。

サイトを作る時に相談していると、今まで気付かなかったことを発見し、それが潜在顧客を見つけるきっかけになることもあるでしょう。

オンラインビズでは、ただ制作するだけでなく、潜在顧客の獲得に向けたアイデアが生まれるお手伝いを致します。

オンラインの壁を乗り越える

・ユーザー目線で、ユーザーが選ぶキーワードの見つけ方と、分かりやすい記事の書き方とは?

・無理せずサイトを続けられる習慣の付け方る!

・書いた後に、狙ったユーザーからの反応があるとヤル気につながる!

オンラインの壁を乗り越えるためのコツをお伝えいたします。